女性のデリケートゾーンのお手入れ:感染症防止のために

900 50 70 97
卵子提供に関して ご不明点・疑問点 がございましたら、フリーダイヤル にてお問合せ下さい。
900 180 181

カテゴリー

女性のデリケートゾーンのお手入れ:感染症防止のために

の変化や痒み、灼熱感、赤みは感染症のサインである場合があります

感染症の疑いを判断出来るよう、自分自身の体を知っておく事はとても大切です。膣の感染症の場合、おりものに変化がある場合や性器周辺に不快感がある場合には、何が原因でそのような症状が出ているのか、また最適な治療法についてのアドバイスを得るため、医師の診察の受診をお勧めします。

おりものの変化により、早急に感染症を疑う事が可能です。通常、おりものはベタベタしていたり粘性のある状態で、無色若しくは白っぽい色をしています。膣粘液の古い細胞を排出する役割があり、これにより、女性の性器周辺を清潔に保っています。感染症がある場合、おりものの色、臭いそして状態に変化があります。痒み、灼熱感、赤み、性交時の不快感若しくは出血や外陰部への傷を伴う事が多いです。

このような症状が見られる場合には、早急に医師の診察を受診下さい。内診によりその原因と結果を診断し、最適な治療法が案内されます。ケースによっては、パートナーも治療を受けたほうが良い場合があります。

予防法について
膣感染症は、1日1回の継続的なデリケートゾーンのお手入れにより予防可能で、お手洗いへ行く前後には手洗いをすること、綿の下着を着用し、締め付ける洋服を避ける事なども予防策として挙げられます。また、性交渉時のコンドームの使用や定期的な婦人科検診の受診も大切です。