性交渉時に痛みを伴う場合

900 50 70 97
卵子提供に関して ご不明点・疑問点 がございましたら、フリーダイヤル にてお問合せ下さい。
900 180 181

カテゴリー

性交渉時に痛みを伴う場合?

性交渉時の痛みや不快感は、とてもよくある事で、特に女性にこのようなケースが見られます。様々な原因が考えられますが、できるだけ早く医師の診察を受け、あなた自身そしてパートナーとの関係に影響を与えてしまわないよう、解決策を探す事をお勧めします。

処女膜が固い、狭い若しくは膣中隔がある場合、挿入時に不快感を伴う事があります。

その他の原因として膣痙が挙げられます。これは膣入り口の筋肉が無意識的に収縮し、挿入を妨げてしまう原因となります。該当する場合には、カウンセラーや専門家へ相談し、あなたの不安や心配な気持ちを相談することが大切です。医師もあなたをサポートすることが可能です。例えばサイズの異なる拡張器を使用し、膣が柔軟であり挿入を問題なく受け入れられる状態である事に、少しずつ気付いて行く事が可能です。

ヒリヒリする感じや灼熱感などがある場合は、尿路や膣の感染症の可能性や、使用したデオドラント剤、ボディシャンプーや潤滑剤などが原因となっている事も考えられます。

挿入後の痛み
挿入後に痛みを感じる場合には、別の原因が考えられます。骨盤内炎症、子宮内膜症、卵巣嚢胞などです。いずれの場合も、産婦人科医による診察が必須です

女性の膣が乾燥している場合や、男性に包茎がある場合の性交時には、男性も不快感を伴う場合があります。

重要なのは、コミュニケーション
どのようなケースであっても、性交時の不快感について、パートナーとしっかり話し合いをすることが必要不可欠です。その後、主治医、婦人科医若しくは男性専門医の診察を受診しましょう。必ず解決法がありますので、迷わずに相談しましょう。