卵子提供は連帯行為なのですか?

妊娠を希望する女性が、自分の卵子での妊娠が難しいと判断された場合、子供を持つには養子縁組もしくは卵子提供プログラムへの申し込みが可能性として考えられます。 卵子提供を選択した場合、申込者名簿順に適切な女性からの卵子提供を待ちます。

提供された卵子とパートナーの精子を受精させ、待望の子供を授かる可能性が生まれます。 卵子提供があるからこそ、受領者自身で妊娠を体験し、胎児の成長を見守り、出産をするというかけがえのない体験が出来ます。

卵子提供は匿名、自発的そして利他的な連帯行為であり、受領者が提供者と知り合う事や、提供者に対し受領者から直接謝礼が支払われる事はありません。

また、両者の個人情報等の詳細については、プライバシー保護の観点から全て極秘情報として扱われます。 利他的行為とは、報酬などを省みず無償で行われる行為のことです。

そのため、法律においても商業目的での卵子提供や卵子提供者の募集は禁止されています。

同時に、卵子提供者になる事は自発的行為である事についても定められており、卵子提供が強制的であったり、行動選択の自由を脅かすようなプレッシャーの下で決断される事を防止しています。卵子提供が提供希望者の自発的な決断である事を明確にしなくてはなりません。